ほんろぐ

読んだ本の内容と感想と、その日の気分。

【僕は自分が見たことしか信じない】内田篤人

サッカーのことは全然知らないけど、さすがに「うっちー」は知ってる。

著書を何となく図書館で予約してそのままにしてたら1年後に手元に届いた。正直忘れてたけど、恐るべしイケメンサッカー選手・・・!

僕は自分が見たことしか信じない

僕は自分が見たことしか信じない

しゃべくりに出演してるのを見て「揺るがない何かを持ってる」印象を受けたのを今でも覚えてる。本を読んで改めて芯のある選手だなあ、って思います。


虚心坦懐。私もこの言葉と意味を大切にしていこ。

【90分でわかる!日本で一番やさしい「アベノミクス」超入門】長濱利廣

バイト先のある慶應ボーイがFXを一生懸命やってんの。

えふえっくすって儲かんのー?運でしょー?

なんて言った日には白い目で見られるわけで、わたし経済のこと全然分かってない。

まずはニュースでお馴染みのアベノミクスを基礎から学んでみようと思ったのです。

先進国でデフレに陥ってる唯一の国、日本。

じゃあ「デフレ」って何なの?から始まるので経済初心者でも大丈夫。リーマン・ショック後の早急で大胆な金融政策との比較をすることでアベノミクスに期待をかける一冊。

よく分からなかった経済のことが、少し頭の中で整理された気がする。目に見えない期待が目に見える喜びに変わる日を祈って、わたしは今日もバイトに行きます。